【第77回目】留学経験者に対する企業の視点とは?

こんにちは。ゆっきーです!

 

今回は、「留学経験者に対する企業の視点」について述べていきましょう。

まず、企業は留学経験者をどのような視点で見ているのか、これまでの話を一歩踏み込んでいきます。ここでは、意外と知られていない企業の留学生に対する評価について述べたいと思います。

 

これらのことを知って就活をするのと、知らないで就活をするのでは、自分が準備のできる対策は明らかに違ってきます。

 

では早速まいりましょう。

 

まず、「海外就業体験が若年者の職業能力開発・キャリア形成に及ぼす影響に関する調査研究」(平成26年度厚生労働省委託 JAOS海外留学協議会調べ)によると、国内328社の人事・採用担当官へのアンケート調査から見えてきた傾向があります。

 

企業による渡航経験者の評価として、3つの特徴があるのです。

1、       マーケティング・商品開発に強い。[82.0%]

2、       営業・販売(接客)に力を発揮している。[71.8%]

3、       貿易実務に力を発揮している。[87.0%]

では順を追って解説していきます。

まず、「マーケティング・商品開発に強い」というのは、異文化生活をすれば、当然、多国籍の人達との交流があり、また日本にない商品やサービスなどを発見したり、様々な考え方や価値観に触れることになりますね。その意味では、知らずのうちに発想が豊かになります。その結果、多面的な視点からものごとを見たり、考えられるようになるため、帰国後に就いた仕事で、それがそのままマーケティングや商品開発の場面で力を発揮できていると考えられます。

 

特に商品開発では、新しいモノをゼロの状態から、つまり最初から考え出さなくても、すでに日本に有るものに、海外で知り得た日本には無い価値観や知識、経験を加えることで、全く新しい価値観を生み出すことができるのです。

 

たとえば、当時これまで日本にはなかったスペシャリティコーヒーを日本に持ち込んで大成功したタリーズコーヒーの創業者のように。日本にはすでにコーヒーはあった。しかしスペシャリティコーヒーは無かった。それを日本に持ち込むことで日本に新しい価値を生み出し、成功したわけですね。

 

次に、「営業・販売(接客)に力を発揮している」については、留学中は日々、文化や価値観の異なる人達と接することになりますから、様々なタイプの相手に合せた対応ができるようになります。しかも留学中には、当然ですが言語が違う相手と接しなければなりませんよね。海外で人間関係を作るにしても、日本にいる以上にハードルが高いわけです。

留学生は皆、その困難を乗り越えて生活しています。帰国後に、これまで日本にいるときに苦手だったタイプの相手を柔軟に受け入れられるようになったと話してくれる留学生は大勢います。

営業や販売はまさに人相手の仕事ですから、そのような海外で培った関係構築力を生かせていると想像するのは難しくはないと思います。どのような顧客であっても、お客さんであっても、その相手に合せて関係を構築できるスキルが営業や販売では求められます。

 

最後の「貿易実務に力を発揮している」に関しては、まさに海外で習得した語学力を生かし、力を発揮していることが分わかります。

ここで注目すべきことは、特に、1、2に関しては、海外経験があるから語学力の面で力を発揮しているのではなく、つまりグローバル職種以外の分野でも企業から評価されているという点です。その点は是非押さえておいて欲しい内容です。

 

 いずれにしても、企業が留学生に対してどのような評価をしているかを知っておくことで、海外で自分がどんな行動をしてくればいいのかの輪郭が見えてくるのではないでしょうか。

 

次回は、『「こんなはずじゃなかった!」にならない留学にするための秘訣』についてお話します。お楽しみに!

 

ゆっきーでした!